リフォーム費用の工面はいつごろから始めれば良いか

いざという時に困らない為にも少しずつでも積み立てをしよう

定期的に行いたいリフォーム

住宅は大きな買い物なのですが、使っているうちに劣化は進むので消耗品になります。
綺麗で暮らしやすい状態を保つには、メンテナンスを兼ねてリフォームする事も必要になります。

いつしなくてはならないと言う基準はないのですが、それぞれの場所で現状維持が難しくなってくるだろうという目安はあります。
例えば外壁リフォームは、日差しや雨風にさらされて塗装にダメージを受けやすく、劣化し塗装が落ちて外壁にひびが入って水が浸入してくる恐れがあるので、10年ごとに行う事が推奨されています。

壁紙や畳も同じく10年サイクルとは言われているものの、色あせてると見た目や衛生面の心配はありますが、優先順位としては外装になるでしょうか。

特に破損は見えなくても、おおよそ10年位からリフォームが必要になると考えて費用を工面するのが理想です。

ライフスタイルに合わせたリフォーム

劣化や破損によるメンテナンスを目的としたリフォーム以外にも、家族構成やライフスタイルの変化に合わせてリフォームが必要になる場合もあります。

子どもの成長に伴いそれぞれに部屋を用意する為に行うリフォームもあれば、高齢化で親と同居や子どもの結婚をきっかけに2世帯住宅にするなど、改築に近い大掛かりなリフォームもあるでしょう。

畳を張り替えるのではなくフローリングにしたり、キッチンの劣化のタイミングでオール電化に交換しグレードアップする事で、自分が住みやすく使いやすいと思える空間にリフォームで変化させるのも可能になります。

将来的に同居の予定がある場合は大掛かりなリフォームも必要になる場合があるので、早めに費用の工面を考えた方が良さそうです。


この記事をシェアする