リフォーム費用の工面はいつごろから始めれば良いか

どの位の費用がかかるのだろうか

住宅のリフォームはいくら必要か

どの部分をリフォームしたいかによっても金額は変わります。

例えばキッチンを交換となると本体価格以外に解体費用や取り付け費用がかかります。
入れ替えだけなら100万が相場の様ですが、今どきのタイプに交換するとなるとプラス50万から100万円が追加されます。

バスルームも浴槽だけを交換するのであれば50万円が相場ですが、全てをリフォームするならプラス50万は必要だそうです。

外壁も住まいの大きさで左右しますが2階建てで塗り替えだけなら100万、パネル交換も含めるとプラス50万円と考えた方が良さそうです。

相場をみて考えると、リフォーム業者によって違いはあるとはいえ、それぞれの箇所で100万円は必要になりそうですね。

一般的にどの位準備しているものなのか

どうしてもリフォームをしなければならない緊急事態に資金の用意が出来なければローンを組む事もありますが、安易に組んでしまうと支払いが大きな負担になります。

やはり普段から資金を用意しておくと安心かもしれません。

インターネットで検索した結果を見てみると、皆さんがリフォーム金額として用意している金額は50万の人達が最も多いようです。
100万前後の用意が次に多く、続いて多いのが200万の用意です。

アンケート結果を見ても、リフォームの相場から計算しても現金でリフォーム資金を50万円から100万円は必要になると考えて用意しておいた方が良さそうですね。
大きなリフォームが予定されているなら追加で費用も計算にいれると目標金額が算出されるかと思います。
できるだけローンに頼らないように出来る時に資金を貯めておくと安心です。


この記事をシェアする